トウモロコシのアワノメイガ対策

トウモロコシ アワノメイガスイートコーン

先週はスイッチが突然入ったかのように日差しが暑い日がありました。

さてさて、今回はトウモロコシにおける三大害虫、アワノメイガアワヨトウアブラムシの中から、アワノメイガ対策についてお伝えします。

アワノメイガを制する者は、トウモロコシ栽培を制するハズです。

 

アワノメイガの被害

トウモロコシ アワノメイガ

トウモロコシを包んだ葉を剥くと実が虫に食べられていることがあります。その犯人が十中八九アワノメイガの幼虫です。

収穫時にOH(ノД`)・゜・。とならないために対策をしておきましょう。

 

アワノメイガの発生時期は?

アワノメイガの発生時期は、地域によって異なります。斎藤・奥 (1985)と農業技術大全を参考にすると

  • 北海道などでは年1回(7月から8月にかけて)発生
  • 秋田などでは、年2回(6月上―中旬と8月上旬)発生
  • 千葉県、宮崎県では年3回(4月下旬から6月下旬、7月上旬から8月中旬、9月上旬から10月上旬)に発生
  • 高知県、長崎県で年4回発生

等の報告があります。しかしながら、年によって発生回数が増減することが指摘されており(斎藤・奥 1985)、トウモロコシのシーズンはいつでも発生すると思っていた方が無難でしょう。

みい
みい

特に暖かい地方では、いつでも抜け目なく発生するということですね。(^-^;

アワノメイガのライフサイクル

アワノメイガは幼虫の形で越冬し、翌年の上述した発生時期に蛾となり、卵を産みます。卵を産卵する時間帯は夜の20時から2時ごろまでです。その個数は一晩に10個から230個程度と個体によって幅がありますが、産卵は、1、2週間の間毎晩続きます(後藤・川崎 1996)。

卵は10日前後で羽化し、その後10から14日で成虫となり、葉の裏を中心に産卵します。羽化直後は葉の裏を食害していますが、間もなく雄穂→茎→雌穂の順に発生して、食害し始めます。

アワノメイガ

アワノメイガの対策(農薬散布)

防除の方法には、ネットをかけたり、ある程度の本数の雄穂をハサミで除去することもあります。ですが、ここでは手軽で効果がある防除方法として農薬を使用した防除方法のポイントをお伝えします。

今回ご紹介する農薬はこちらです。

三明デナポン粒剤5です。

名前が似ているデナポン5%ベイトはコオロギなどに効く誘引剤なので、トウモロコシ用のを買ってくださいね。

デナポン

こんな感じの薬剤です。

これをそのままかけるので、水に溶かす必要もなく、ラクチンです。

これを、上から覗き込んだ時に雄穂(てっぺんから出る穂)が見えるか、見えないかのタイミングでまいていきます

デナポン 散布

トウモロコシの雄穂の上からパラパラまいて、葉身、葉鞘(葉の付け根)の部分にとどまるようにしていきます。1つまみでOKです。

みい
みい

雄穂が完全に出てきてしまってからでは、薬剤が虫に届きにくく、手遅れになりやすいので注意してください。

雌穂 絹糸 

この薬剤の使用回数は2回までで、もう1回やる場合は、絹糸(ヒゲの部分です)が3から5㎝出たときです。上の写真ぐらいの時ですね。

収穫21日前までの散布なので早めに散布してください。

 

アワノメイガの幼虫が発生した後の対策

残念ながら、薬剤散布をしても時機を逸して失敗することもあります。デナポンをまいていてもこのような兆候があるときは幼虫が発生しています。

アワノメイガ トウモロコシ

雄穂の先が折れていたり

アワノメイガ トウモロコシ

泡のようなものがついていたら、アワノメイガの幼虫が雄穂の中に侵入している証拠です。

そんなときは、早急に雄穂を切ってアワノメイガの幼虫を取り除いてしまいましょう。雄穂で食い止められれば、雌穂(トウモロコシの実)への被害をある程度防げるはずです。

トウモロコシ 雄穂

ハサミで切って、中を確認します。ここまでは来ていないようですね。

 

アワノメイガ トウモロコシ

穴が空いていたら、穴の中にいないかチェックしてください。

 

アワノメイガ

雄穂の間からも出てきます。切った後はその辺に投げておかずに、しっかりと処分しておきましょう。何匹か潜り込んでいることがあります。

おわりに

スイートコーンの収穫時期は、雌穂が出てから18日から21日後が、甘味と食感でベストタイミングとされています。

デナポンを使用するときは早め早めで散布して、ベストタイミングで収穫できるようにしていきましょう。

今年のトウモロコシも楽しみですね♪

 

参考文献:

滝沢康孝 (1977) 子実用トウモロコシの栽培. 農業技術大系作物編 7: 93-118

斎藤修・奥俊夫 (1985) トウモロコシ圃場におけるアワノメイガの個体群動態. 東北農業試験場報告71: 43-57

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました