種の保存方法

 

パンダ
パンダ

種が余ったんだけど、これ来年も発芽するの?

種の保存方法は?

こんにちは、みいです。

本記事では、そのシーズンに買った野菜の種を播き切ったほうがよいのか、来年用に保存がきくのかを解説します。また、保存方法のポイントについても説明します。

野菜の種を一袋買うと、結構たくさん入っているものもありますよね。

ですが、毎年買わなくて済むかもですよ!

余った種は保存できるの?

答えは「保存できます。なので、余り種を翌年播いても大丈夫」です。

しかし、作物種によります。一般的な種は、保存すると数年使用が可能です。

パンダ
パンダ

じゃあ、発芽が悪くなる野菜は?

発芽率が落ちやすい野菜種(=1年で使い切りおすすめ)

・セリ科(ニンジンミツバパクチーなど)

・ユリ科(ネギタマネギなど)

ラッカセイ

これらの種は、正しく保存していても次の年の発芽は期待できません。毎年買うべき種です。

 

やや短命なもの(2から3年)

・マメ科(エンドウ、インゲン、ソラマメ)

・キク科(レタス、ゴボウ)

・キャベツ、トウガラシ、ホウレンソウ

マメ科とキク科の野菜もできれば使い切って、毎年新しい種を使った方が安全ですね。

 

やや長命なもの (4から6年)

・ウリ科(キュウリ、カボチャ)

・アブラナ科の一部(ダイコン、カブ、ハクサイ、ツケナ)

 

長命なもの  (6年以上。だけど実用的には4年くらい)

・ナス科 (ナス、トマト)

・スイカ

基本的に次の年も使えることが多いのですが、緩やかに発芽率は落ちていきますので、前年より少し多めに種を播くようにするといいでしょう。

 

パンダ
パンダ

じゃあ、昔買って、ずっと置きっぱなしの種があるから、今年播いてみようかな♪

みい
みい

それは、やめた方がいいですね。

保存方法が悪いとこれらの種でも、次の年に芽が出ないので、正しく保存することが大切です。

種の保存方法

種の寿命に最も影響する環境要因は、湿度温度です。

空気中の湿度が高いと、種の含水率が高くなります。

種の含水率が9%以上あると、昆虫やその卵が活動でき、同13%以上あるとダニが活動でき、同15%以上でカビが繁殖し、種の発芽力を落としてしまいます。また、含水率が3%以下だと乾燥させすぎで発芽にダメージを与え、15%以上だと、冷凍保存する場合に凍結ダメージが出てしまいます。

加えて、種の保存温度が5℃上がるごとに種の寿命は2分の1に減少すると言われています(0から50℃の間にある場合)。

 

みい
みい

なので、ポイントは冷所で湿度を低く保つことです。

それでは早速、保存方法について解説します。

 

用意するもの:チャック付きバック、乾燥剤(シリカゲルなど)

 

1.種袋の口を丸めてクリップやホチキスで止める。

2.チャック付きバックの中に、乾燥剤と共に入れる。

3.冷蔵庫の中にいれる。(扉の部分などは温度変化が激しいのでNG)

 

種苗会社が野菜の種を出荷する時は、種に含まれている水分をおよそ6から8%に調整しています(一部を除いて)。しかし、封を開けていなくても空気中の水分を吸い込み、含水率は上がってしまいます。そのため、しっかりと乾燥剤を入れて密封することが大切です。

種の含水率が高そうなときは、乾燥剤の交換をしてください。シリカゲルの場合は水分を吸うと、ピンク色に変わります。そんな時はレンジでチンしたり、フライパンで炒るとまた青色に戻って水分を吸うようになります。

 

参考図書:

野菜の採種技術(1978) そ菜種子生産研究会編 誠文堂新光社

Handbook on Moisture Determination (2007) ISTA

この記事を書いた人
みい

大学院博士課程修了 博士(農学)
専門は栽培学、植物生理学です。

キュウリを中心に週に1回は記事を投稿していく予定です。
ブログ村のバナーをクリックしてくださった方、ありがとうございます。

みいをフォローする
みいをフォローする
栽培屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました