キュウリのハダニ対策

キュウリ ハダニキュウリ

施設内では一年を通して発生しますが、特に乾燥していると出てくるのが、このハダニです。農薬をかけてもなかなか撃退が難しく、ハダニをはびこらせて、手に負えなくなった農家さんもいらっしゃいます。

本記事では、キュウリのハダニ被害の様子使える農薬をお伝えします。早めの発見と早めの農薬散布を心がけていきましょう。

 

ハダニの被害葉

キュウリ ハダニ

キュウリがハダニの被害をうけると、葉が白っぽくなってきます。これが専門用語で「かすり」と言われる症状です。

ハダニは 25°C の条件では、10日たらからにな,その2–4週間にわたって産けるため(Kondo and Takafuji, 1985)、発見が遅れると大増殖していることがあります。

キュウリ ハダニ

ハダニは英語でspider miteと言われ、クモのように糸をはります。クモの巣のように太い糸ではないので、一見見つけにくいのですが、変な糸が葉についていたら要注意です。

上の写真だと、葉の周りに点々がありますが、これが糸で垂れ下がっているハダニです。

 

キュウリに発生するハダニ

主に発生するのは、ナミハダニ(黄緑型と赤色型)とカンザワハダニです。

キュウリ ハダニ

ハダニ

体長は0.5㎜ほどなので、肉眼ではここまではっきりは見えません。黄色い丸は卵です。

 

侵入経路

ハダニは、風による飛散もあるものの、歩行による移動がかなり多いと報告されています(小林・深沢 1981)。そのため、畑の雑草などから歩いて移ってきます。ハウスの場合も強制換気がついていなければ入り口から人と一緒に入ってくることが多いようです。

ナミハダニの歩行速度はレッドクローバの葉の裏だと時速0.89mで、進んでいる間は常に糸を吐いています(斎藤 1977)。

 

ハダニの殺虫剤

家庭菜園向け殺虫・殺ダニ剤

家庭菜園用の薬剤は安全性が高い気門封鎖系・その他の薬剤が多いです。これらはマシン油やなたね油が主体となっている農薬でダニを窒息死させます。ゴキブリに食器洗い用洗剤をかけて窒息死させるのと同じ原理です。安全性は高いですが、しっかりとかからないと死にません。

 

  • ベニカマイルドスプレー (気門封鎖系)
  • ベニカRスプレー(3A:ピレスロイド)
  • モストップジンRスプレー (4A:ネオニコチノイド,3A:ピレスロイド,F・1:チオファネート)
  • カダンセーフ(気門封鎖系)
  • ガーデンアシストパームスプレー(その他)
  • あめんこ(気門封鎖系)
  • アーリーセーフスプレー(その他)

 

一般農薬一覧

天敵を使うならミヤコカブリダニチリカブリダニですが、殺虫剤を使用する場合が多いと思いますので、天敵を除いて殺虫剤・殺ダニ剤についてまとめました。

ハダニは薬剤の抵抗性を発達させやすいため、RACグループナンバーを参考にローテーション防除・ブロック防除を行っていきましょう。

2020年5月現在

農薬名登録作物使用回数使用方法一般名RACグループNo.系統種類
ダイアジノン乳剤40きゅうり1回散布ダイアジノン乳剤1B有機リン殺虫
ネマトリン粒剤きゅうり1回全面土壌混和ホスチアゼート粒剤1B有機リン殺線虫
マラソン乳剤きゅうり3回以内散布マラソン乳剤1B有機リン殺虫
マラソン乳剤50きゅうり3回以内散布マラソン乳剤1B有機リン殺虫
マラソン粉剤1.5きゅうり3回以内散布マラソン粉剤1B有機リン殺虫
マラソン粉剤3きゅうり3回以内散布マラソン粉剤1B有機リン殺虫
アーデント水和剤きゅうり4回以内散布アクリナトリン水和剤3Aピレスロイド殺虫
テルスタージェットきゅうり/温室、ビニールハウス等密閉できる場所3回以内くん煙ビフェントリンくん煙剤3Aピレスロイド殺虫
マブリックジェットきゅうり/温室、ビニールハウス等の密閉できる場所2回以内くん煙フルバリネートくん煙剤3Aピレスロイド殺虫
ロディー乳剤きゅうり5回以内散布フェンプロパトリン乳剤3Aピレスロイド殺虫
スミロディー乳剤きゅうり5回以内散布フェンプロパトリン・MEP乳剤3A/1Bピレスロイド/有機リン殺虫
アグリメックきゅうり2回以内散布アバメクチン乳剤6マクロライド殺虫
コロマイト水和剤きゅうり2回以内散布ミルベメクチン水和剤6マクロライド殺虫
コロマイト乳剤きゅうり2回以内散布ミルベメクチン乳剤6マクロライド殺虫
ニッソラン水和剤きゅうり2回以内散布ヘキシチアゾクス水和剤10Aヘキシチアゾクス殺ダニ
バロックフロアブルきゅうり1回散布エトキサゾール水和剤10Bエトキサゾール殺ダニ
ダニメツフロアブルきゅうり1回散布エトキサゾール・オレイン酸ナトリウム水和剤10B/未分類エトキサゾール/気門封鎖系殺虫剤殺虫
コテツフロアブルきゅうり3回以内散布クロルフェナピル水和剤13ピロール殺虫
カネマイトフロアブルきゅうり1回散布アセキノシル水和剤20Bアセキノシル殺ダニ
ダニ太郎きゅうり1回散布ビフェナゼート水和剤20Dビフェナゼート殺ダニ
マイトコーネフロアブルきゅうり1回散布ビフェナゼート水和剤20Dビフェナゼート殺ダニ
サンマイトフロアブルきゅうり2回以内散布ピリダベン水和剤21AMETI殺虫
ダニトロンフロアブルきゅうり1回散布フェンピロキシメート水和剤21AMETI殺虫
ピラニカEWきゅうり1回散布テブフェンピラド乳剤21AMETI殺虫
シーマージェットきゅうり/温室・ビニールハウス等密閉できる場所1回くん煙テブフェンピラド・BPMCくん煙剤21A/1AMETI/カーバメート殺虫
モベントフロアブルきゅうり3回以内散布スピロテトラマト水和剤23テトロン酸・テトラミン酸誘導体殺虫
スターマイトフロアブルきゅうり1回散布シエノピラフェン水和剤25Aβケトニトリル誘導体殺ダニ
ダニサラバフロアブルきゅうり2回以内散布シフルメトフェン水和剤25Aβケトニトリル誘導体殺ダニ
ダブルフェースフロアブルきゅうり1回散布ピフルブミド・フェンピロキシメート水和剤25B/21Aカルボキサニリド/METI殺虫
グレーシア乳剤きゅうり2回以内散布フルキサメタミド乳剤30イソオキサゾリン殺虫
アーリーセーフ野菜類散布脂肪酸グリセリド乳剤その他殺虫
サンクリスタル乳剤野菜類散布脂肪酸グリセリド乳剤その他その他殺虫
アカリタッチ乳剤野菜類散布プロピレングリコールモノ脂肪酸エステル乳剤不明気門封鎖系殺虫剤殺虫
デュアルサイド水和剤きゅうり2回以内散布プロピレングリコールモノ脂肪酸エステル・ポリオキシン水和剤不明気門封鎖系殺虫剤予+治
フーモン野菜類散布ポリグリセリン脂肪酸エステル乳剤不明気門封鎖系殺虫剤殺虫
ボタニガードES野菜類散布ボーベリア バシアーナ乳剤不明微生物殺虫
エコピタ液剤きゅうり散布還元澱粉糖化物液剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
キモンブロック液剤野菜類散布還元澱粉糖化物液剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
サフオイル乳剤野菜類散布調合油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
スプレーオイルきゅうり散布マシン油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
トモノールSきゅうり散布マシン油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
ハーベストオイルきゅうり散布マシン油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
ハッパ乳剤きゅうり散布なたね油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
ラビサンスプレーきゅうり散布マシン油乳剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫
粘着くん液剤野菜類散布デンプン液剤未分類気門封鎖系殺虫剤殺虫

ハダニのおススメ農薬

これだけ農薬の種類が多いと、何を使おうか迷われると思いますので、著者のおススメを1つご紹介します。

それがこちらです。

サフオイル乳剤です。

有効成分はベニバナ油と綿実油で安全性が非常に高く、気門を塞いで窒息死させるタイプの薬剤(=薬剤抵抗性を発達させる心配がなく、抵抗性を発達させたハダニにも効く)です。

このような気門封鎖系の薬剤は他にもたくさんあるのですが、サフオイル乳剤の特筆すべきポイントは、殺卵活性があり、ダニおよびコナジラミの全発育ステージに有効だということです。

気門封鎖系の中では、サンクリスタル乳剤もこの特徴を持っているのですが、サフオイル乳剤の方がお財布に優しいです。

回数制限もないので、定期的に使って低い密度に抑えることもできますし、発生数が増えてきたら、他の作用機構を持つ殺ダニ剤にプラスして使うのもおススメです。

 

 

参考文献:

小林義明・深沢永光 (1981) 野菜を加害するハダニ類の生態と防除. 静岡県農業試験場報告26: 12-34

Kondo, A. and A. Takafuji (1985): Resource utilization pattern of two species of tetranychid mites (Acarina:Tetranychidae).Res. Popul. Ecol., 27: 145–157

斎藤裕 (1977) ハダニ類の吐糸行動の解析. 日本応用動物昆虫学雑誌 21(1): 27-34

 

この記事を書いた人
みい

大学院博士課程修了 博士(農学)
専門は栽培学、植物生理学です。

キュウリを中心に週に1回は記事を投稿していく予定です。
ブログ村のバナーをクリックしてくださった方、ありがとうございます。

みいをフォローする
キュウリ 資材
みいをフォローする
栽培屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました